ライズ株式スクールのお悩み解決画像タイトル

株式投資に関するお悩みを、ライズ株式スクール講師陣が解決いたします!

投資経験はありますが安定して成績が出ません。
市場全体が良いときには利益になり易いのですが暴落や長い期間の下落時には利益を上げる事ができません。
何が原因なのか悩んでいます。ズバリ解決策をお願いします。
まずは考え方そのものから・・・
株式投資は①買い②売りのセットで成り立ちます。
市場が良いときに利益が出ているという事は、上昇の手前で株を購入しているでしょうから、
「買い」の部分についてはうまく対応されていると思います。だとすれば問題点は「売り」の部分です。
購入時からすんなり上がれば上がるほどすぐにでも「利益を確定したい」気持ちと「今後の利益の増大」の二つの感情に悩むケースがほとんど。
ご質問者も一度は大きな含み益の直後に株価が下落し、あの時売っておけばよかったと後悔され、慌てて売却を行い、最終的にはぎりぎりトントンで終わった経験をおもちかもしれませんね。解決策は売りの目安を事前に定めておくか、売りのサインを決めておくかのどちらかしかありません。
そして売り目安に入れば素直に売却。その後上昇したとしても腹八分精神でよしとするしかありません。

とにかく大事な事は、「いくらになったら売る」または「どういう形になったら 売る」ということを決めていらっしゃるかどうかです。

個人投資家は自由に売りを行うことが出来ます。
これから何百何千と取引をされる中での一回の事ですから
1つの売買が完了したら次の取引に目を向けてられ、毎年の利益を蓄積なさってください。

これから投資を始めようと思いますが何をどのように
準備すれば良いのでしょうか?周りの方にいろいろ聞いてみたり
本やネットで見てみましたが、いまいちピンときません。
これから投資をされるとの事ですが、各方面の準備がございます。
株を売り買いするためには証券会社に口座を開設しなければなりません。カンタンに考えれば買って売るだけの単純な仕組みなのですが
継続して収益を上げていくならば投資活動を仕事感覚でとらえる必要があります。仕事感覚で考えれば計画が重要となりますから、およその資金を
把握した後、まずは年間の収益目標をざっくりと立ててみてください。

その計画は、投資をいつから始めてどの銘柄を選んで、保有期間はどれくらいで・・・
といった事などを決めていきます。

多くの投資家は最初に何も考えずに(決めずに)勢いで行い、日々の情報やニュースに振り回されています。それはもはや仕事と言わずギャンブルに近い感覚かもしれません。

そうならないためにも、投資の開始時期、銘柄選定、保有期間を決めるための技術を身に付ける事(つまり学習)が投資を始める前の準備に他ならないと思います。

株価が上昇すると見込んで買ったものの下がってしまい損を出すことが続いています。
資金が減り、自分には向いていないのかとさえ感じます。何か良い解決策はありますか?
まずはご自身の売買履歴を確認されてみてはいかがでしょうか?実力がつくまでは売買記録をつけることをおすすめします。確認の方法はチャートを見てどこで買っているか、あがると思った根拠は?などをきちんと振り返ってみてください。もしかすると高値で買う癖があるのかもしれません。

買いも売りも自分の売買を冷静にみてクセや思い込みだけで売買していないかをチェックすることをおすすめします。

目先の連敗を次につながるチャンスと見て学べばやがて実力がつくはずです。

ニュースで原油価格の下落が株安の要因として報道されていました。本当でしょうか?
結論から申し上げれば、要因の一つではあっても最大の要因とは言い難いと思います。

メディアが発信しているのは自社で分析したものではなく、おおよそ専門誌などの担当者から得た情報を取得して発信しています。原油安だから株価が下落したわけではなく、株価下落の原因を探った結果、原油安が原因なのではないかという仮説が論じられているに過ぎないと言えるかもしれませんね。冷静に考えてみましょう。

世の中の金融市場の中でしかも、日本という一国の相場の上昇と下落がたった一つの要因だけで決まるとは考えられません。

報道機関は日経平均株価のニュースを行うときに株価の上げ下げに、何かしらの理由付けが必要なため、そうしていると考えてもいいかもしれません。

情報で売買せず、あくまで銘柄のチャート上に現れるサインを確認して売買判断を行うことが大切です。

四季報を買いました。過去最高と書かれている銘柄を買ってみようかと思うのですが、どうでしょうか?
それは純利益が過去最高という事でしょうか?

いずれにしても、過去最高という記事だけで判断はしない方がいいと思います。ライズでも四季報は主に初級の基礎の部分で分析方法を学びますが、何項目か重要な点をチェックし、総合的に分析をしていき結論を出していきます。

すでに株価に折込み済み。という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

これは現在の株価にはグッドニュースの内容が既に盛り込まれての株価水準だ。という事です。今回の銘柄はどうですか?すでに株価に反映されている可能性もありますね。過去最高というのは、あくまで情報の一つというとらえ方をし、売買の判断は必ずチャートを見て株価の状態を確認してからです。

もしもかなり安い水準であれば検討してみてもいいかもしれません。逆に株価が既にかなり高いようであれば見送るくらいの冷静な気持ちで銘柄を探してみましょう。

お気軽にお問い合わせください。0120-844-104受付時間 10:00-19:00 [ 日・祝・年末年始を除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。